不思議な国道189号線(実態調査編)

シェアする

スポンサーリンク

不思議な国道189号線・・・実態調査

山口県岩国市の米軍岩国基地に向かう不思議な国道189号線を紹介します。

このページには国土交通省中国地方整備局の資料と、の地図を利用しました。

国道2号線の分岐から空港入口までの間の道路標識の調査

調査日時
2003年11月17日 13:30から15:30の2時間


調査場所・・・下の図の緑色の部分です。

参考までに権威ある国土交通省中国地方整備局の189号線の図を下に入れておきます。


調査方法
GARAKUTA Village Familyの本拠地から、国道2号線の交点までの7.2Kmの間を、国道188号線か189号線か判らない道路に、逆三角形の番号の書かれた標識は無いものかと、自転車で、キョロキョロと脇見運転をしながら往復。


調査結果
上の図の緑色の部分には、188号線なのか189号線なのかをハッキリと明示する逆三角形のオムスビ型の標識は私の探した範囲には見当たりませんでした。
なぜ無いのでしょうか???

但し、標識以外では、188と書いたものを沢山見かけましたので、これらの写真も撮ってきました。

撮影場所は下の地図にマークが有ります。
(赤丸の中の数字が撮影場所です)

空港入口から2号線の交点
「空港入口」の交差点です。左下の「左右は188ですよ」という標識をご覧下さい。
ひの標識の左方向が「謎の国道」です。
私は左側へ自転車を進めました。
今津川の新寿橋手前の工事の看板。
看板の下には「国土交通省」の文字が見えます。
岩国駅前の看板。
「岩国市」の看板ですが、「国道188号」と明記されていますね。
国道2号線との交差点の200m手前の標識。
2号線に突き当たるのは判るのですが、今、自分の走っているのは何号線かは判りません。
実際の道路は、T字でなく、十字路ですから、迷わないように。
「謎の国道」と「2号線」の交差点です。 左の写真の拡大です
2号線から
2号線側へ行ってみました。
「左折したら188号線があるから、このレーンへ入るように」との、レーンを分離するための標識だと思います。
右の方には「2号線を直進する場合は、中央のレーン」だという標識ですから・・・・
左の写真の拡大です。
「国土交通省」の看板が付いていますが、「省」の名前を変えて看板は新調。
そのうち、気分によって変わるのでしょうから、変更部分に紙かシールでも貼れば、税金もムダ遣いも減ると思いますがね。
2号線の交点から空港入口
「謎の国道」へ入ってから、すぐの所の標識です。
この標識の「徳山」「光」「柳井」は、「188号線」ですから・・・
こんなものより、この場所に「逆三角形の188か、189の標識」を立てる方が、運転する方も安心できると思いますが・・・
岩国駅の案内図です。 左の写真の拡大です。
「国道188号線」と書かれています。
「189」の書き間違いではないですか?
岩国駅のもう一つの案内図です。
前の写真の拡大です。
「逆三角形の188」のマークが見つかりました。
と同じ看板で、岩国市交通局の建物の横にありました。 と同じ看板で、橋の反対側にありました。 左の看板と同じ場所ですが、やはり看板の下には「国土交通省」の文字が見えます。
結局、「逆三角形の188か189の標識」が見つからないまま、「空港入口まで戻ってきました。 しかし、この写真を見て下さい。
交差点へ近づいてみると、写真左下にある「ここから189号線が始まるよ」ということを現す小さな標識がありました。
今回の調査で唯一の成果ですが・・・・・
しかし、よく解らない?
やっと見つけた188標識
やっと見つけた「逆三角形の188の標識」
しかし、この場所は「空港入口」から1.2Km柳井市側へ行った所。
かの国土交通省中国地方整備局の図でも188号線となっている場所です。


結論

調査した結果としては、益々解らなくなり、益々謎が深まったことと、くたびれたことでした。

私の推測では、権威ある国土交通省資料が間違っているとしか思えませんので、政府のホームページを使用して、国土交通省に問合せしました。

その回答は、

(省略)
いただいたご意見等は、
今後の政策立案執務上の参考とさせていただきます。
皆様から非常にたくさんのメールをいただいておりますが、内閣官房の職員がご意見等を整理し、総理大臣に報告します。
あわせて国土交通省へも送付します。
(省略)

政策立案???執務???
こんな返事を貰って、びっくり仰天。腰が抜けました!!!
その後、回答は来ていませんし、最初から諦めています。


余分の話ですが大事な話

村長・田舎村の住んでいる団地のことですが、団地内の道路で問題が発生し、法務局から地図をコピーしてもらって、各々の宅地部分に記入してある番地をみたら、20軒程度の中で、2ケ所も他人の番地が記入してある。
登記簿に記入してある番地と、地図を比較してみたら、自分の土地がなくなっている人もあり・・・
買った覚えのない土地が知らない間に転がり込んでいたり・・・
法務局といえば一番大事な仕事をしてもらわねばならない所。
今流で言えば総務省とでも言いましたかね。

皆さん、あなたの土地は大丈夫ですか?
あの当てにならない地図でも、法的には有効な地図ですよ!!
いくら大金をはたいて買った土地でも、知らないうちに他人のものになっているかもしれません。
今一度、登記簿と地図の両方の確認をしておくべきと思います。


追記(2004/4/6)
この「不思議な国道189号線」をご覧の方から情報をお寄せ頂きました。

「国家公安委員長の黒い献金の問題、警察の裏金の問題、などが発覚している現在、このページで取り上げた部分については、工事予算を2つの号線で計上して、道路族議員の思惑どおり裏金作りに利用しているのではないか?」

皆さん、内部告発を待つことにしませんか。
(内部告発すると、天下り先が無くなるので、誰もしないでしょうね。)

【緊急のお知らせとお願い】このサイトはサーバーの容量制限に達しましたので、サーバー内の未使用の画像を削除中です。間違って必要な画像を削除してしまうことがあると思いますが、お気付きの場合はご連絡をお願いします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る