米軍施設として日本が米国に提供し、岩国市が借り受けて使用する米軍の野球場「キズナスタジアム」の施設見学会を実施

シェアする

日本国民の血税を源泉垂れ流しのように遣い、米軍施設として日本が米国に提供した米軍の野球場「キズナスタジアム」の見学会が、予測不可能+思い付き+行き当たりばったり+犬の遠吠えのトランプ大統領が来日する前日の2017年11月4日に実施されましたので行ってきました。

キズナスタジアム」は我が家から、獣道のような路地を抜けて、老化現象が現れた私の足でも片道20分。歩数は片道3,000歩。 12時過ぎに出掛けて、14時前に戻ってきました。
「米軍施設として日本が米国に提供した米軍の野球場」とのことですから、近いようで遠い存在です。

下のGoogleマップでの「キズナスタジアム」は工事中の写真ですが、そのうち完成した姿の写真に変わると思います。

スポンサーリンク

米軍施設として日本が米国に提供し、岩国市が借り受けて使用する米軍の野球場「キズナスタジアム」施設見学会 2017年11月4日

岩国市の広報誌の折り込みだと思います。

「キズナスタジアム」・・・2017年11月4日の見学会

「キズナスタジアム」は約5,000席の椅子席と、約3,000人の外野エリア、計約8,000人の観客を収容可能。


「キズナスタジアム」は米国に提供した米軍施設ですから、岩国市が管理するとは聞いていますが、岩国市民と言えども、使用するには厳しい条件があることでしょう。

また、見学会の入口で貰った「愛宕スポーツコンプレックス」なるパンフレットを見ると、使用料金表が掲載されています。

私が野球場を使用することは無いであろうし、野球場の中に入るより墓の中に入る方が先であると思われるので、写真だけは撮ってきました。


米軍施設として米国に提供したものですから、英語だけの看板かと思ったら、日本語も見えました。

岩国医療センター側からの全景です。

東日本大震災以降、「絆」の言葉を使えば、予測不可能なトランプの悪口を言う人も少ないでしょう。

照明灯の使用料金は、岩国市のパンフレットによると、市民の場合は「一般 全灯 16,000円 1時間につき」と書かれていて、下の写真の1基だけで54灯ありますが、「全灯」とは「1基」のことでしょうか?

この、豪華な照明灯の工事が始まってから思っていたことですが、米国に提供した米軍施設ですから、米軍関係者の使用については「おもいやり予算」で賄えるので、無料でしょうね。


高い所へ上がると頭がフラフラするため、下の写真だけはDVIDS(米国防総省素材配信システム)の Public Domain の写真を借用。

「キズナスタジアム」だけではありません

米軍岩国基地からは救急車が来ていました。
救急車は「US NAVY」と書かれたナンバープレートが付いた米海軍の病院のもの。

キズナスタジアムの目と鼻の先には、「いわくに消防防災センター」の救急車が待機しているし、隣には「岩国医療センター」があり、歩いてでも行ける所ですが、日本は信頼感に劣るのでしょうか?

「いわくに消防防災センター」の見学会
いわくに消防防災センター 下の写真は、岩国医療センター側の道路から撮ったものです。 下の写真は2017/11/04キ...
「いわくに消防防災センター」の場所、「いわくに消防防災センター」へのルート
「いわくに消防防災センター」については、下記の記事で紹介しています。 「いわくに消防防災センター」の場所の情報...

当日は、日米の高校生の野球の試合があったようで、ケーブルテレビで生中継放送をしていました。

参考:「愛宕スポーツコンプレックス」なるパンフレット

使用料金表を参考にして下さい。
米国に提供した米軍施設ですから、米軍関係者は無料でしょうね。

【緊急のお知らせとお願い】このサイトはサーバーの容量制限に達しましたので、サーバー内の未使用の画像を削除中です。間違って必要な画像を削除してしまうことがあると思いますが、お気付きの場合はご連絡をお願いします。
スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

トップへ戻る